外国為替市場の取引時間とバイナリー手法に有利な時間。ロジックで解決できる時間も(東京時間編)


 バイナリーオプションと言う取引は、時間帯と手法とで勝率が大きく変わります。
よく言われるのは、東京時間のレンジ狙い。
ほとんどの初心者向けのサイトでも動画でも言われてますよね。

 実際、この取引時間のレンジ狙いと言う時間が何時からなのか説明は少ないですよね。
実はバイナリーのプロの指導で、手法プラス時間帯(相場状況)を有料で指導していることが多いのです。
長期的には、基本的なダウ理論や酒田五法などを指導しますが、バイナリーに直結しないため。
短期的に勝てる方法を指導してます。
その指導する方も、素人の方が増えてきて結局、空中浮遊の変則手法を指導してお茶を濁すことが多いみたいです。
と、前振りはここまでにして実際に取引時間と勝ち方についてお話ししましょう。

外国為替市場の取引時間

 外国為替市場では24時間(土日祝日)取引が行われています。東京、香港、ロンドン、ニューヨークなど実際の証券取引所で取引される株式と違い、外国為替市場はインターネットなどで売買されるので何時から何時までという取引時間に拘束されることはありません。
※(祝日はその国のカレンダーに沿いますので、日本が平日でもニューヨークは休みなどと言う事もあります。)
 ニュースで「今日の東京外国為替市場では1ドルいくらで取引されていました」とか「ニューヨーク外国為替市場では」と報道されることがありますが、実際に取引場所があるわけではなく、その時間帯に中心となって取引を行う銀行が存在する都市(国)のことを指しているだけです。
 その中で取引量の多くなる時間として、東京・ロンドン・ニューヨークと言われる3大時間があります。
この時間はとくに、ロンドン・ニューヨークは取引量が多くトレンドが出やすいため、FXトレーダーは好んでこの時間に取引を行います。

取引時間帯とバイナリーオプションの取引

では、一体いつどんな取引をすればいいのでしょうか?
具体的な方法って何?
なんて考えた事無いでしょうか。
具体的に言えば、東京時間の10時以降のレンジ狙い。
しかし、いつも綺麗なレンジが来るわけではありません。
先日のチャートを見てください。

この場合の注意点は

 このように、高値・安値でラインを引きエントリータイミングを計ります。
ボリンジャーバンドが好きな人は使えばいいと思いますが基本私は好きではありません。
逆張りに全く向いてないので順張りに使うにも反発しそうで好きじゃないですね。

 このチャートで一番注意する点は12時から1時過ぎまで細かすぎるレンジがあります。
細かいレンジが長く続いてる場合には、ブレイクする場合には大きなブレイクが起きる可能性があるので要注意です。

そのほかの日にちの12時から1時も見ましょう。

 この動きの差が分かるでしょうか、この時間帯に注目するだけでも、レンジ継続かトレンド発生の可能性があるか判別できます。
この様い東京時間と言っても、必ずレンジになるとは限らないので、比較的レンジになりやすいと理解しておきましょう。

 レンジ相場には、ストキャスやRVI等は効果的に使えますが、30秒取引や1分取引の場合はノイズに狩られる可能性があるのでどうしても、30秒取引や1分取引したい場合には十分引き付けて取引しましょう。

 それでは、5分エントリーポイントの紹介をしましょう。
使用オシレーターはRVIとRSIです。

 の数値がどうとか関係ありません。
あくまで、レンジと想定してのエントリーになります。
(未来が見えてないので完全な予測エントリーです。)
なので、よくあるメイン線とシグナル線のクロスとかいう話ではありません。
私は、この手法で10時から17時までの間で日々12万円プラスにしてました。
ですが、この手法はトレンドに弱くトレンド発生時にエントリーできないこともあり手法の変更をしましたが、今でも十分使える手法です。
 この手法を使う上で重要なことは、RSIの特性を知る事そしてRVIの期間をその日の波に合わせて微調整することです。

少しここから余談になります。
ーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーー
 あるFXのプロトレーダーさんの自動売買ソフトの話ですが、
その方は、ものすごく自動売買で勝ってる人人だったのです。
しかし、その自動売買システムを絶対に高額でも販売しないと言ってました。
私は「どうしてですか?100万円でも買う人てると思いますよ。」
と聞いたら彼らは
「メンテナンスや場合によっては調整を入れるので自動売買っと言っても手間がかかります。」
「しかも、儲かったらお金払ってあげるとか、情報だけ頂ければこちらでしますや、無料で提供しろまで言われることもあったので・・・」
と言われました。
私も以前、ロジックをラインに登録していただいた方に無料配布してましたが、
相談に時間をかけても全くお礼を言われた事が無かったことを思い出し苦笑いしました。

話は戻しますが、メンテが必要だと言う事は相場は生き物だと言う事ですね、買い切りのシステムがが最終的に負ける理由が分かった気がするしますね。
ですが、人の目で補正するロジックを組めばバイナリーはかなりの勝率を出せる道筋ができた話でした。

 あと、このブログ読んでる方にはいないと思いますが、無料につられて相談した結果、高額ツールやセミナー・サロン勧誘を受けて普通のダウ理論や酒田五法などの話でお茶濁しされた方が居ないことを祈ります。
ーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーー
余談終わり


バイナリーの本質は、超短期取引であることを忘れてはいけません。
長期足の動きも大事ですが、決済の入りやすいポイントやロスカット入りやすい場所を見つける投資なのです。
大きく上げたから、下げるはずでエントリーすると、負けることもあります。
逆張りは、指値と呼ばれるものが入ってる・もしくは決済が入る前提なのです。

 最近でいえば、コロナショックで101円台までドル円が下落したとき、全く反発しませんでした。
この原因は、月曜早朝で売りでスタートした結果、買いの指値が無くロスカットも巻き込んで怒涛の下落を見せました。
これが指値の無い状態です。
指値が無く、取引量も少ないので物凄い下落に大騒ぎでしたね。

レンジとは、ある一定の周期で売りや買いが入ってる状態を言います。
レンジ相場の原理ですが、1分でトレンドでも5分足で見たらレンジ相場だったなどと言う事も意外にあります。相場のほとんどはレンジ相場と言われ、トレンド相場とレンジ相場の割合はおおよそ7:3程度だと言われています。
ですが、バイナリーをしてるとちょっとした上昇でもトレンドだと捉える傾向があります。
TMA+CG mladen2を使い各時間足で分析すれば慌てることもない場合があります。

各時間足の赤で点を打ったところが共通ポイントです。

見比べてみると下がってもおかしくないレベルのところまで下がっているだけですね。
1分ではトレンドに見えても5分ではレンジで、15分足では押し目を作っただけですね。

東京時間でレンジ相場を狙うためRSIを使うとすればどうする。

 RSI(相対力指数)の基本的な情報
●現在の相場の相対的な強弱(又は過熱感)を表す指標
●特徴としてボックス相場が続いているときの的中率は高い
●上下に強いトレンドが出るとトレンドの勢いが止まらずに、結局ダマシに終わること
そんなこと知ってるよと言う方もいてると思います。そこでこの画像を見ていただきたく思います。

RSIの上が期間が短いもの、下が長いものです。
一見すると、どこでエントリーすればいいのか不明ですよね。
(ロウソク足の矢印はRSIが一定の数値になれば出る使用になってます。)
一回目反発点(矢印)から次の反発点の時のRSIのグラフに注目してください。
期間が長いものでは前回の数値に届いていませんよね。
 ダイバーと呼ぶ人もいてますが、そんな細かい事よりこの現象を理解したうえでストキャスやRVIを使うと高勝率でレンジ相場を攻略できます。
例えば、こんな感じです。

この手法は、ストキャスの数値80以上の波とRSIの短期間である一定の数値を越したタイミングをエントリータイミングとしてます。レンジ勝率は90%ぐらいあります。
たまに焦ってエントリーして上昇波にのまれます。

RSIの期間は5で、ストキャスは標準の(5,3,3)です。
この手法は5分ターボ限定なので、相場状況を見て、リズムを組んであげてるパターンもしくは完全なレンジが理想です。

何度も言いますが、今回の手法ですが過去チャートで結果レンジのパターンのところを使ってます。
実践は先は見えないので、出来るだけ勝率の高い手法を使いましょう。
レンジ手法は、トレンドに合いませんのでご注意ください。

ここから宣伝です。

バイナリーで勝てない方だけ見てください。
トレンド相場でもエントリーができる!!
出品リスト (yahoo.co.jp)